首のしわの原因と毎日のお手入れ方法

首のしわの原因とお手入れ方法

肌が乾燥すると肌は慌てて角質細胞の増殖を始めます。
そうすると硬くなった角質層のキメが乱れて隙間ができてしまいます。
それによってできてしまうのが乾燥からくるシワです。

 

 

首のシワは加齢によるたるみからくるシワや枕の高さによってついてしまうシワ、またアトピーからくるシワなどがありますが、肌が常に潤っているとしわになりにくいです。

 

老化の一番の原因とされる紫外線を極力さけ、夏だけではなく年中日焼け止めを首まで塗ることをおすすめします。
日照時間が一番少ない秋田県では80歳のおばあちゃんでもしわがないという話しは有名かと思います。
またデコルテの開いた服を着慣れている人の方が首にしわはできやすいようです。
冬場に日焼け止めはめんどくさいという場合はタートルネックがおすすめです。

 

 

化粧水や美容液を顔に塗った時は、必ず首まで塗るようにしましょう。
同時にリンパの流れにそってマッサージをするとより効果的です。

 

化粧水では滑りが悪いので、マッサージをする時はたっぷりのクリームを使うといいですね。
使い分けるのがめんどくさい場合はオールインワンクリームがおすすめです。

 

顔のしわはお化粧でなんとかごまかせても首のしわで年齢がばれてしまうんですよね。。
でも今までは顔にしか塗っていなかった化粧水やクリームを首まで塗り、紫外線対策をして、高すぎない枕で寝るだけでかなり違いが出ると思います。
今まで放置していた首を大事に扱ってあげましょう!